「湿疹」の症例

私はもともと女性の体の周期の影響を、身体より精神的にモロに受ける体質のようで、ストレス過多がさせた事は数知れなかった。
若いころはイライラを行動力に変え、落ち込めばワンワン泣き過ごしていた。
加齢するにつれ、どうも自分は一般より変わっている少数派らしいと薄々気づき始め、そのショックもありコミュニケーションの取り方がわからなくなり、
上手く話すことが出来なくなり、グズグズメソメソすることが長く続いた。
その言動は突然表に出ることがあり、人様におかしいと思わせるものだった。

その頃の私は、職場が業務を拡大している最中でありながら
人員が少なかったのであろうが、知らず知らずに負荷がかかっており
寝て起きて仕事、休日は無理やり休むという生活をしていた。
なんだかスッキリしたいと思い、その方法は様々だと思うが、
その時の私は、「自宅でサウナ」という方法をとった。
ゆっくりお風呂に入ることがしばらくずっと出来ていなかったからである。

その数日後、腕にブツブツが出始めた。
左腕は手の甲から上腕まで。表面も裏面も。
そして右腕、鎖骨あたり、両膝の皿あたり。猛烈にかゆかった。
数日置いても、まだかゆかった。
自宅にあった非ステロイド軟膏を塗ったが効かなかった。
かゆみが止まらず、かいてはいけないと思いながら衝動は止まらず、
念入りに手爪を殺菌石鹸で洗い、かき、かき壊し、出血し
ジュクジュクになり、そしてまたかゆくなりを繰り返した結果、
手自体が腫れ上がり、手のサイズが大きくなった。

小峰先生の存在は5年前から存じていた。
職場の仕事仲間(上司も先輩も後輩もひっくるめて)が通っており
度々その評判は聞いていたからである。
しかし、まだ受診とは結びつかなかった。

かゆみに耐えられず、近所の皮膚科に行くつもりだった時に
職場の仲間に勧められた。小峰先生を。
しかしなぜだ??皮膚に症状が出ているのに鍼?
いやいやおかしいでしょうと思った。そうは思っても、私の心は揺らいだ。

忘れていたのだが、皮膚科は嫌いだった、というか金属アレルギー等で何度か、
その度ごとに病院を変え受診したのだが、回数を重ねる毎に私がおかしいのか
不信感が拭われない分強くなり、そのままずっとあった事を思い出したからだ。
しかしそのことも忘れ、というのかそのときのかゆみは、それであってもいい、
とにかくこじれてしまったこのかゆみが止まれば皮膚科でも何でもいいと

思わせたのだろう。

そして、そのときは思い切って小峰先生に賭けてみることにした。
予約を入れ、問診票を詳細に記載した。
今になればわかるが、外因はあるにしろ
自分のそのときの体の状態に問題があったから反応したのだ。

そして問診を受けて初めての施術を終えた。よく眠れた。
かゆみはとにかく冷やすことにした。
そうしていたら、少しずつ湿疹が引いてきたのだ。
ジュクジュクがなくなり、カラカラになり、皮がむけ、
腫れ上がっていた手のサイズも元に戻り、そうして治った。
気持ちも落ち着きを取り戻した。
未だにわからないのだが、ただ私が思うのは
自分が持っている自然治癒力を引き出してもらったのだなと思っている。

それから数年、環境の変化もあるだろうが、
大きな体調の変化もなく暮らせている。
今となっては表に出さないが突然怒りに火がついたりなどするが、
力がみなぎってきたのだと自画自賛し、
そして同時に当然ながら、小峰先生に助けられているのだという
思いを強くするのである。


M.Yさん 初診時年齢 40歳

(法律事務所勤務)

 初診日 H24.7.20


※湿疹は5回ほどの治療でほぼ完治し、
その後情緒不安など含む不定愁訴で1か月に一度くらい、
2年ほど治療させていただいた患者さんです。院長



b0221269_19445620.png



by yu-shinkyu | 2015-08-03 16:27 | 皮膚疾患
<< 鍼灸治療4年後の体外受精 カナダからの手紙(体外受精の採卵) >>