体外受精(胚移植のみ)の症例

27才で結婚した当時、仕事が楽しく子供はもう少し後でもと考えていました。
30
才を前に少し不安になり婦人科に通い出し、
色々検査し原因も不明のまま、
人工授精まで試みました。

2年程頑張りましたが妊娠には至らず、治療がしんどくなり止めてしまいました。
子供を望む一方で、やりがいのある仕事を辞める勇気もなく
ストレスをため込む日々を過ごし
38才になってました。

年齢のことも考え夫婦で話し合い、一転仕事も辞め、
妊活に重点を置く生活を決意し、
体力作り、食事を見直し、
新しい婦人科へ通い出す決心をしました。

38
才という年齢の事もあり、その婦人科では初めから体外受精をお願いしました。
7
月から婦人科に通い出し、検査後10月に採卵し12個の卵が採れ
6個が胚盤胞まで成長し順調でしたが、
1112月と行った2度の胚移植では妊娠に至りませんでした。
チョコレートのう腫は有るものの、その他は妊娠出来ない検査結果では
ありませんでした。


その時、色々調べ精神的に弱い私に鍼治療が良いのではないかと考え
柚鍼灸院にたどりつきました。
1月から毎週鍼治療に通い、
先生の指導を受け実行し、
2月末の胚移植で妊娠することが出来ました。

短期間では有りますが、鍼をするようになり、
体だけではなく気持も穏やになった結果だと思います。
妊娠してからも酷いつわりやチョコレートのう腫の摘出と難題は有りましたが、
妊娠後も鍼治療に通い元気をもらい現在妊娠8ケ月です。
39
才の出産で不安もありますが、あと少し鍼治療にお世話になり、
元気に出産したいと思いますので宜しくお願いします。


H.N さん 初診時年齢38才
(主婦)
初診日 H27.1.15

※ 詳しくはこちらをご覧ください。
 
 「当院の不妊治療の方針と考え方について」

b0221269_15520270.png




by yu-shinkyu | 2015-09-07 16:04 | 婦人科疾患・不妊治療
<< 体外受精から自然妊娠へ 鍼灸治療4年後の体外受精 >>