カテゴリ:運動器疾患( 12 )

膝痛と体質改善

子供の頃から胃腸があまり強くなく、
季節の変わり目に体調をこわしやすいタイプです。
それに加わって膝の靭帯が高校生の頃の部活で痛めていたようで切れており、
痛みが出だしたので、週に2回くらいのペースで通院を始めました。

始めた頃は鍼治療が終了した後、
とても体が軽くなって頭脳明晰で驚きました。
数年通っているうちに色々な部分が変化してきました。

よく先生が食養生の話をしてくださるので、
心がけて食べるようにもしました。
鍼治療と平行して漢方薬も取り入れました。
今では必要な時に予約するくらいのペースでよくなりました。

今毎日元気に暮らせるのは、鍼治療と少しのアドバイスを
いつもしていただいたのがあるかと思います。

Y.Kさん 40歳 (グラフィックデザイナー) 女性
初診日:H17.6.9

b0221269_16184674.jpg
by yu-shinkyu | 2011-06-28 16:24 | 運動器疾患

体調管理は鍼灸で

私と院長先生との出会いは、
開院前に勤めておられた鍼灸院からです。
当時、そこのベテランの鍼灸師さんが、
院長先生から理論や技術面の話を聞かれている姿を拝見し
「お若いのによく勉強しておられる」と感じ、
開院と同時に通院する様になりました。

慢性的に肩こり・腰痛があり、
仕事や家庭、趣味に多忙な毎日。
西洋医学も大切ですが、日頃の体調は、
自己管理と東洋医学をミックスさせ
「活き活き生活できれば!」と考えています。
元気で前向きに暮らせられるのも、鍼灸のお陰です。

今では、主人や息子も通院し、
我が家の体調管理にアドバイスを頂いております。

K.Sさん 59歳 (会社員)女性
初診日 H14.11.9

b0221269_1717019.jpg
by yu-shinkyu | 2011-06-16 17:18 | 運動器疾患

僕の鍼灸体験記

医師から何度も手術をすすめられるほどの頚椎ヘルニアのほかメニエルなど、
さまざまな病で1カ月以上の入院も2回経験しました。
重症筋無力症という診断も受けました。
肩や頸(くび)の凝り頭痛に悩み、ペインクリニックにも通いましたが、解決せず。
鎮痛剤を服用しなくては仕事にも支障がでる日々。

そんなときネットで鍼狂人・藤本蓮風師のブログに遭遇しピンとくるものがありました。
でも蓮風師の治療所は奈良・学園前。大阪市内に勤務する僕には少々不便でしたので、
勤務先になるべく近くて師にゆかりのある鍼灸院を探して「柚」さんにたどりつきました。

鍼灸初体験は昨年(2010年)12月、休日出勤の代休を取った平日の午前中。
お腹に1本の鍼を打たれただけなのにウトウトしてしまうのです。
頚や肩に何本かの鍼を打つイメージがあったのに、関係なさそうなところに1本だけ…。
「ほんまに、こんなんで治るんかいな」と不信感を覚えたのも束の間。
治療院のベッドで「休みたい」と言う体の声が聞こえた気がして
「鍼の力」を信じてみようという気になりました。

その日は治療のあと、ちょっと街中をブラブラしようと思っていたのですが、
眠たくて眠たくて…。家に帰り着くとソファで夕方までぐっすり。
夜は眠れないんじゃないかなと案じたのは杞憂で、
ふだんよりぐっすり眠れたくらいでした。

あるときは治療のあとの仕事絡みの酒席で、大瓶ビール5、6本でも平気な僕が
コップ2、3杯で飲めなくなってしまったのです。
体調が悪いのかなと思ったのですが、気分は悪くありません。
アルコールを口にすると、体や頭の芯がカッと熱くなって受け付けないのです。

そんな不思議な体験を数回かさねて気づいたら
肩や頸の凝りがほとんどなくなっていたのに驚きました。
病院から出されていた薬も減りました。

何故か腹を立てることも減ったような気もします。
凝りや痛みが楽になってイライラすることが減ったせいかもしれません。
当然、それもあるのでしょうけど、鍼を打っていただくことによって心を包含する体全体が
途切れなくつながっていることが実感としてわかったことも大きいですね。

怒ることが体に悪いことを本当に実感できるようになったのです。
鍼の力が開拓してくれる自分の可能性に興味津々。
病人、半病人状態で暮らしてきた、これまでの時間を取り返せるような期待もしています。
病気になって色々と悩んだり、様々な本を読んで考えたり、色々なことを試したり…。
その末に鍼にたどり着いたということで、「無駄な経験はないな」と
過去の自分を肯定できることにも感謝しています。

H.Oさん 48歳 (新聞社勤務) 男性
初診日:H22.12.9

b0221269_2052170.jpg
by yu-shinkyu | 2011-06-13 20:09 | 運動器疾患

涙が出る程の肩痛

漢方柚鍼灸院に通って8年目になります。

ひどい肩の痛みと頭痛に悩まされ、
病院で色々調べた結果、特に異常はないと言われ、
どうする事も出来ないまま、痛みと共に生活する日々でした。
涙が出る程痛いのに誰にも分かってもらえず、それもまた苦しかった。

そんな時、同じ会社の友人が漢方柚鍼灸院を紹介してくれました。
鍼治療をしてみたいと母に相談した時、最初は反対されました。
それでも私はこの肩の痛みを治す為に、
あらゆる方法を試してみたいと説得し、鍼治療を受ける事にしました。

どこに行っても分かってもらえなかった肩の痛みに、
小峰先生は手を当てるだけで分かってくれました。
鍼をして10分ぐらいジッとしていると、
体中の血液が流れていく感じがよく分かりました。
それと同時に涙が出る程の肩の痛みが和らいでいったのです。
とても不思議でした。

どんどん元気になっていく私を見て、
最初は反対していた母も一緒に通うようになりました。
西洋医学で見捨てられた私を救ってくれたのは、
東洋医学(漢方柚鍼灸院)でした。

これからも通いながら自然治癒力を高め、
病気にならない体作りをしていきたいと思います。


M.Sさん 36歳 (主婦) 女性
初診日:H16.1.24

b0221269_18443238.jpg
by yu-shinkyu | 2011-06-09 18:49 | 運動器疾患

わたしの放浪記

痛いところがある、というのはなんとも辛いものです。
夏樹静子著『椅子がこわい・わたしの腰痛放浪記』ではないですが、
原因が今ひとつはっきりせず、私も放浪していたのです。
腰ではなく頸椎、背中痛で、放浪の果ての鍼灸。

初回からだの中がじわっと動いたような、
少し楽になったような不思議な感じがしたので、
とにかく飲んでいた鎮痛剤を止め、
今度は「次へ」行かずにこれを続けよう、と決めました。
ゆっくりでしたが鍼は効きました。

毎日のストレスで心の緊張が続き、自律神経がおかしくなり
血流が不足することで、筋肉が炎症を起こすことがあるのだと
後に知りましたが(Dr.サーノのTMS理論)、鍼は私を緩めてくれました。

いまも治療のあとは眠くて眠くて、ゆるゆる、いい感じです。
この感じを忘れていたことが、実は私の疼痛の原因であったようなのです。

今は過労に注意し、ヨガや気功、それと月に一度の鍼灸でメンテしながら、
養生しながら、快適に、ほどほどに、働きつづけることができています。

小峰先生、ストレスはなくなりそうにありませんので、
これからもどうかよろしくお願いします。

*Dr.サーノのTMS理論については、
長谷川淳史著『腰痛は怒りである』(春秋社・2000年)参照。

K.0さん 49歳 (法律事務) 女性
初診日:H18.10.6

b0221269_18233397.jpg
by yu-shinkyu | 2011-06-06 19:54 | 運動器疾患

夫婦でお世話になってます

健康診断ではいつも軽い貧血があるぐらいで、どこも異常なしという結果なのですが、
更年期ということもあってか、とにかく、めまい、頭痛、肩こりがひどく、
その上、仕事は忙しく残業する日々で休みが取れない状態でした。

職場のビル1階が柚鍼灸院で、「チャングムの誓い」を見て、
鍼灸が身体に良いと思っていても、
同僚が1回の鍼灸治療で顔の浮腫みが取れたのを目の当たりにしても、
あの鍼を刺すのを想像すると、行く決心はつきませんでした。
しかし、ついに首が回らなくなったため、意を決して小峰先生に診察をお願いしました。
 
丁寧な問診と治療で、自分の病歴や生育歴を振り返る中で、
自分の身体が、私を生かすためにどれだけ頑張ってくれていたかに気付き、
自分の身体は自分が労ってやらないといけないと痛感しました。

この日から4年半、毎月3~4回の治療に通院しています。
柚鍼灸院に出会っていなければ、大病を患って、倒れていたのではないかと思います。

S.Kさん 56歳 (事務員) 女性 
初診日:H18.9.19

b0221269_1733915.jpg

(リウマチで一緒に通われる、御主人様より)
私にとっては、癒しの空間です。 

T.Kさん 64歳 (司法書士) 男性
初診日:H19.1.11
by yu-shinkyu | 2011-06-06 17:38 | 運動器疾患

母娘でお世話になっています

私が、初めて柚鍼灸院を知ったのは、雑誌「Hanako」の記事でした。
「ここに行こう」となぜか、すぐ決めました。

そのころの私は、ヒドイ肩こりに悩まされ、とにかく毎日毎日、辛い日々。
以前より、鍼には興味があったのですが痛いのが嫌いで、
でも柚鍼灸院さんは、2~3本しか打たれないし、痛くもなかったので通うことにしました。
月に2度通って、2~3ヶ月もしないうちに、肩に触らない自分に気づき、
それから、ほぼ5年・・・まったく肩こりを感じなくなりました。

それを見ていた母が、健康維持の為に一緒に通い始めました(母は70代です)。
一度母は旅行先で、足を中心にひどいヘルペスになったのですが、
不思議と痛みを感じず、帰国後すぐ治療をしてもらい完治。

1番驚いたのは、昨年の今ごろ母は、ひどい花粉症で
顔に直径3cmほどの赤い斑点ができ、加えて痒く大変な日々を送っていました。
見ていても可哀想なぐらいでした。
そこで昨年の秋から、免疫を高める為に通い、今年は、まったく斑点ができず・・・
日々過ごして居ることに大変驚いています。

鍼治療は少しずつですが確実に体が変わり、中から健康になってきていると実感します。
そして年齢に関係なく効果が現れます。
また、漢方や食事、西洋医学との違いまで色々教えてもらい勉強にもなります。
親子共々お世話なって感謝しています。今後とも宜しくお願いします。

N.Mさん 49歳 (会社員) 女性
初診日:H17.3.15

b0221269_16362145.jpg

by yu-shinkyu | 2011-05-17 16:37 | 運動器疾患

生命力を引き出す鍼

柚先生によれば、私は「超健康」だそうだ。
その私が、“鬼の霍乱”により、
漢方柚鍼灸院にお世話になり始めてから、早1年。
思い起こせば、あれは、確か鍼治療3回目が終わった後。
帰途、急ぎ足で歩いていると、何故か、
とても幸せな気分になり、気がつけば歌っていた。

曲は、『帰れソレントへ』 ルチアーノ・パバロッティの如く、
(1番しか覚えていなかったため)を2回、熱唱の後、
次の曲も自然と口ずさんでいた。

曲名は『チキ・チキ・バン・バン』
何でやねん!!!と、自分でも可笑しかった。

元々、音痴気味で、音楽は大好きだがカラオケは苦手な私。
そして、『帰れソレントへ』も、『チキ・チキ・バン・バン』も、
ここ何十年、思い出しもしなかったのに。

思うに、鍼には、元々私たちに備わっている、生命の力、
更に言えば、魂を鼓舞する作用があるのではないか。

そして、その力は、今、まさに私たち皆に必要とされているものでもある。

勿論、人生の主役は自分である。
でも、自分のエンジンだけでは足りないとき、
確かに助けになってくれる存在。
それが私にとっては鍼なのだと思う。

T.Oさん 49歳 (会社員) 女性
初診日:H22.4.8

b0221269_17323488.jpg
by yu-shinkyu | 2011-04-28 17:40 | 運動器疾患

四代揃って治療

33歳の本厄から自律神経を病んだ娘が、
当院にお世話になり元気を取り戻したのをみて、
私も試しにリウマチやらあれこれ少しでも
快方に向かわないかと足を運びました。

いわゆる西洋医学のミクロな見立てと異なり、
心身すべてを繋がった有機体として気の流れをつかむ治療は、
ショッキングでしかも斬新に感じられました。
ガチガチにこわばった身体が徐々にほぐれ、
それにつられ気持ちまで和らぐのに、心底びっくりしました。

慢性中耳炎と足首の捻挫に悩んでいた孫娘は次第に
トラブルと縁遠くなり、病院とは縁を切る事ができました。
鍼灸さまさまのようです。

又、喘息持ちの88歳の母は、来阪の折、大風邪を引きましたが、
病院に行かず鍼灸で完治し、今も元気に過ごしております。
四代揃ってお世話になっております。

「四代の 族(やから)揃ふて 柚参り」

H.Iさん 68歳 (無職・高齢者大学在学中) 女性
初診日:H19.6.9

b0221269_17234279.jpg
by yu-shinkyu | 2011-04-28 17:27 | 運動器疾患

頚椎ヘルニア

私は、数年前より、頚椎椎間板ヘルニアを患っています。
いったん痛みが出ると、治療法は牽引する、電気を当てる、
マッサージをする、痛み止めを飲む、それ以外の治療はありません。
かといってそれをしても治るわけではなく、痛みとの闘い、途方に暮れる毎日でした。

こちらの治療院では、初診のときに長時間かけて問診をされます。
ヘルニアという部分をみるのではなく、からだ全体をみたとき、
私はちょうど更年期にさしかかり生理が不順になっているころでした。
ヘルニアと生理が関係しているなんて、夢に思っていませんでした。
でもよく考えてみるとからだはひとつにつながっているわけで、なるほど、
そんな考え方ができるのか!と腑に落ちる考えでした。

最初の診療の後、みるみる4キロほど体重が落ちました。
この1本の鍼でわたしの体の中で何が起こったのでしょう?

ヘルニアの病みが全く出ないわけではありませんが、
今では、風邪もひかず、からだも温まってきたように感じています。
今は、定期的に通わせていただいています。

先生は食べるものの指導や、運動の必要さを、都度都度教えてくださいます。
病気は自らの力で治すものであり、鍼治療はそれを助けてくれます。
これからも鍼でからだのメンテナンスをしていきたいと思っています。

S.Iさん 51歳 (会社員) 女性
初診日:H20.7.22

b0221269_10434859.jpg
by yu-shinkyu | 2011-04-28 11:54 | 運動器疾患