<   2011年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

膝痛と体質改善

子供の頃から胃腸があまり強くなく、
季節の変わり目に体調をこわしやすいタイプです。
それに加わって膝の靭帯が高校生の頃の部活で痛めていたようで切れており、
痛みが出だしたので、週に2回くらいのペースで通院を始めました。

始めた頃は鍼治療が終了した後、
とても体が軽くなって頭脳明晰で驚きました。
数年通っているうちに色々な部分が変化してきました。

よく先生が食養生の話をしてくださるので、
心がけて食べるようにもしました。
鍼治療と平行して漢方薬も取り入れました。
今では必要な時に予約するくらいのペースでよくなりました。

今毎日元気に暮らせるのは、鍼治療と少しのアドバイスを
いつもしていただいたのがあるかと思います。

Y.Kさん 40歳 (グラフィックデザイナー) 女性
初診日:H17.6.9

b0221269_16184674.jpg
by yu-shinkyu | 2011-06-28 16:24 | 運動器疾患

慢性腰痛と中毒疹

私が初めて小峰先生のところを訪ねたのは、今から4年ほど前、51歳になったばかりの頃でした。

当時、10数年前からの腰痛に悩まされており、整形外科や整骨院に通ってみても、
一時的に痛みは収まるものの、また疲れると再発するということを繰り返していました。でも、この腰の痛みだけだったら、私は先生を訪ねることはなかったかもしれません。

40代の後半に一度「中毒疹」にかかり、顔全体が腫れ上がったことがありました。
それ以来、湿疹ができやすくなり、再発が怖くて塗り薬が手放せず、毎週アレルギーの注射に通い、数種類のビタミン剤の服用を続けていました。
塗り薬の一つはステロイドで、魔法のようによく効くのでついつい多用してしまい、
ある日医者から「あまり塗りすぎると皮膚が薄くなりますよ」と言われてしまいました。
 
今から思うとその一言で「こんなことを続けていてはダメだ」と気づかされたと思います。ちょうどその頃に、漢方柚鍼灸院に通っていた同僚から薦められ、思い切って先生にメールを送りました。

以来、ビタミン剤はすべて止め、漢方薬を1種類だけで、皮膚科にも一度もかかっていません。今では腰痛もだんだん軽くなり、湿疹もほとんど気にならなくなりました。

最近は、先生のお奨めでヨガ教室にも通うようになり、体重がみるみる軽くなるというオマケもついてきました。
なかなか、先生の言いつけが守れず、多食で運動不足な私ですが、末永くよろしくお願いします。

M.Hさん 55歳 (管理職) 女性
初診日:H19.4.21


b0221269_00315675.gif

by yu-shinkyu | 2011-06-28 16:10 | 皮膚疾患

潰瘍性大腸炎

2007年夏、24才で潰瘍性大腸炎と診断を受け、
大学病院に通院しながら、漢方柚鍼灸院にて治療を受けていました。

私は、直腸型の潰瘍性大腸炎で、
当時、血便・粘液・1日に何度もの出血がありました。
そのため貧血で全身がだるく、精神も不安定な状態でした。
薬(ペンタサ)は副作用が強く、私にとって1日3回服用を続けることは
辛いものでした。

先生は「必ず治るから一緒に頑張りましょう」と言ってくださり、
いつも勇気付けて下さいました。
そして薬の服用をやめ、鍼の治療だけを受けることにしました。
数ヶ月で症状が改善され、1年も経たないうちに
普通の生活を送れるようになりました。
 
症状が治まって丸3年。
潰瘍性大腸炎であることを忘れてしまうほど元気に過ごしており、
毎年受ける大腸ファイバーでも寛解期で安定していると診断されます!

鍼で病気が治ったことが一番大きいですが、
心の状態にも大きく作用していると思います。
マイナス思考で落ち込みやすかった性格が、
いつの間にか落ち込むことも少なくなり、強くなったように思います。

東洋医学で自己免疫を上げると、心身共に強くなります。
薬も必要なくなります。
漢方柚鍼灸院で先生に出会えて本当に良かったです。
ありがとうございます。

A.Mさん 28歳 (OL) 女性
初診日:H19.4.23

b0221269_15355688.jpg
by yu-shinkyu | 2011-06-28 15:46 | 消化器疾患

うつ病と鍼灸

私が当院のお世話になったのは、
極度のうつ病で心療内科でもらった効うつ剤も効かず、
もらう睡眠薬の量は日に日に増えていき
日ごろまったく信じない神や仏にもすがりたくなるなるほど
どうしようもない日々に 同じくうつ病で悩んでいた友人から進められました。

正直「なんで、うつ病に鍼なんだ、関係ないじゃないか」とも思いましたが、
本当にその時は、失礼ながら「藁にもすがる思い」で通院しました。

もちろん、一回鍼をしたら、今までの悩みがすっと消え、元気もりもり、
明日への活力が即時回復!!ヤッホー鍼灸万歳!!!
なんてことは ありませんでした(笑)

ですが、気がついたら 効うつ剤と一緒にもらっていた睡眠薬を、
何か量を減らしていても、眠れるようになり。
また、効うつ剤も、「何かなくても大丈夫」というか自然に飲まなくなりました。
なんていうか、薬を飲まないと不安でたまらなかったのが消えていきましたね。
また、実際薬がなくても平気になりましたし。

うつになった原因は、職場の繁忙と人間関係の悪さ、
それは残念ながらまだ解消されておりません(苦笑)
心療内科もまだ、通っており 繁忙期はやはり睡眠薬なしに眠れません。
つらいことや悩むことやイライラすることも沢山あります。
でも、こちらの医院に通っていると、ギリギリしんどい時でも
コブシ一つ分の余裕は何とか残っている状態でがんばれてます。
本当にありがとうございます。

うつ病など苦しんでおられて、心療内科でもらう薬を飲み続けて、
薬の量ばかり増えていく方は、是非一度受けてみられるのをお勧めします。
あまり皆が来て予約とり難くなってしまったら困りますが(笑)
 
T.Mさん 42歳 (事務員) 女性
初診日:H19.2.26

b0221269_16415430.jpg
by yu-shinkyu | 2011-06-20 16:44 | 精神疾患

更年期による生理痛と出血

私が柚鍼灸院に通うきっかけは、更年期による生理時の痛みと出血でした。

7年前の夏、帯状疱疹になり原因がわからず精密検査を行ないました。
40歳を過ぎてから毎年人間ドックで検査はしていましたがどこにも異常なし。
この時にも、最後は婦人科に原因があるのでは・・・と主治医に言われて
検査をしてもらったら、なんと子宮筋腫と内膜症が見つかりました。
手術をするほどの筋腫ではないし、閉経も近いのでホルモン治療をしますか?と
担当医に言われショックで家に帰ったのを覚えています。

実家の母が40歳を過ぎて更年期がひどく、ホルモン治療の副作用に
いつも悩まされていたので、正直、抗生物質の治療には抵抗がありました。
そこで、東洋医学的な治療をしてくれる良い鍼灸院はないものか・・・
それも女医さんで、と必死で探しました。

ある婦人誌で見つけた<ゆりか先生の笑顔>に惹かれて初めて訪ねました。
問診をしっかり2時間もしていただき、
それだけでも今までの先生との違いを感じました。
確かな技術と身体に合う自然な治療・清潔な医院の雰囲気と癒しの空間。

それからの7年間、あらゆる病気でお世話になっています。

春先の花粉症、風邪、捻挫した時にも。
これからもお世話になり続けると思いますが、
ゆりか先生、どうぞ宜しくお願いしますね!
又、様々な病気で苦しんでいる人を救ってあげて下さい。

PS:通院すると先生の意外な趣味や人柄にもハマッテしまうかも・・・?(笑)

M.Kさん 53歳 (スポーツインストラクター) 女性
初診日 H17.2.8

b0221269_16273897.jpg
by yu-shinkyu | 2011-06-20 16:33 | 婦人科疾患・不妊治療

顔面神経麻痺

私が先生の元に通わせて頂くきっかけとなったのは、
4年前のある日、突然左半分の顔面が引きつり
口元は開かずまばたきも出来ず、
顔面神経麻痺になってしまった時です。

私の伯母に『治療には鍼がいいのでは?』と言われ
数年前に買った女性誌に鍼治療の特集記事があったことを思い出し、
数ある鍼灸院の中から、直感的に小峰先生にお電話させて頂いたのです。

受診前は飲み物を飲むとこぼれ、舌の感覚も麻痺し、
何よりも辛かったのは顔が引きつってたことです。
鏡を見るのも怖く眠れない毎日だったのですが・・・。

先生に1本の鍼を打って頂いた3日めの朝、口元が開いてたのです。
鏡を見るのが嫌だったのにその日は何度も見て、
私は嬉しくて先生に報告に行くと、自分のことのように喜んで下さいました。

毎日鍼を打って頂く度に顔が緩んでいき、
わずか2週間でほぼ顔面の麻痺はなくなりました。
先生は私の不安な気持ちをまるごと受け止めて、
毎日励まして下さいました。
そして鍼の素晴らしさを身をもって体験させて頂きました。
娘は肝数値が高く、西洋医学ではなかなか良くならなかったのですが、
先生の元で治療をして頂くと、顔色が良くなり徐々に数値も下がりました。
治療に通ってる間に医食同源を教えて頂き、
食生活を見直すきっかけも作って頂きました。

小峰先生との出逢いは私にとっては奇跡としかいいようがありません。
感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも鍼でたくさんの方達を救っていって下さいね。

S.Kさん 44歳 (パート) 女性
初診日 H19.2.28

b0221269_19455135.jpg
by yu-shinkyu | 2011-06-16 19:54 | 神経系疾患

体調管理は鍼灸で

私と院長先生との出会いは、
開院前に勤めておられた鍼灸院からです。
当時、そこのベテランの鍼灸師さんが、
院長先生から理論や技術面の話を聞かれている姿を拝見し
「お若いのによく勉強しておられる」と感じ、
開院と同時に通院する様になりました。

慢性的に肩こり・腰痛があり、
仕事や家庭、趣味に多忙な毎日。
西洋医学も大切ですが、日頃の体調は、
自己管理と東洋医学をミックスさせ
「活き活き生活できれば!」と考えています。
元気で前向きに暮らせられるのも、鍼灸のお陰です。

今では、主人や息子も通院し、
我が家の体調管理にアドバイスを頂いております。

K.Sさん 59歳 (会社員)女性
初診日 H14.11.9

b0221269_1717019.jpg
by yu-shinkyu | 2011-06-16 17:18 | 運動器疾患

僕の鍼灸体験記

医師から何度も手術をすすめられるほどの頚椎ヘルニアのほかメニエルなど、
さまざまな病で1カ月以上の入院も2回経験しました。
重症筋無力症という診断も受けました。
肩や頸(くび)の凝り頭痛に悩み、ペインクリニックにも通いましたが、解決せず。
鎮痛剤を服用しなくては仕事にも支障がでる日々。

そんなときネットで鍼狂人・藤本蓮風師のブログに遭遇しピンとくるものがありました。
でも蓮風師の治療所は奈良・学園前。大阪市内に勤務する僕には少々不便でしたので、
勤務先になるべく近くて師にゆかりのある鍼灸院を探して「柚」さんにたどりつきました。

鍼灸初体験は昨年(2010年)12月、休日出勤の代休を取った平日の午前中。
お腹に1本の鍼を打たれただけなのにウトウトしてしまうのです。
頚や肩に何本かの鍼を打つイメージがあったのに、関係なさそうなところに1本だけ…。
「ほんまに、こんなんで治るんかいな」と不信感を覚えたのも束の間。
治療院のベッドで「休みたい」と言う体の声が聞こえた気がして
「鍼の力」を信じてみようという気になりました。

その日は治療のあと、ちょっと街中をブラブラしようと思っていたのですが、
眠たくて眠たくて…。家に帰り着くとソファで夕方までぐっすり。
夜は眠れないんじゃないかなと案じたのは杞憂で、
ふだんよりぐっすり眠れたくらいでした。

あるときは治療のあとの仕事絡みの酒席で、大瓶ビール5、6本でも平気な僕が
コップ2、3杯で飲めなくなってしまったのです。
体調が悪いのかなと思ったのですが、気分は悪くありません。
アルコールを口にすると、体や頭の芯がカッと熱くなって受け付けないのです。

そんな不思議な体験を数回かさねて気づいたら
肩や頸の凝りがほとんどなくなっていたのに驚きました。
病院から出されていた薬も減りました。

何故か腹を立てることも減ったような気もします。
凝りや痛みが楽になってイライラすることが減ったせいかもしれません。
当然、それもあるのでしょうけど、鍼を打っていただくことによって心を包含する体全体が
途切れなくつながっていることが実感としてわかったことも大きいですね。

怒ることが体に悪いことを本当に実感できるようになったのです。
鍼の力が開拓してくれる自分の可能性に興味津々。
病人、半病人状態で暮らしてきた、これまでの時間を取り返せるような期待もしています。
病気になって色々と悩んだり、様々な本を読んで考えたり、色々なことを試したり…。
その末に鍼にたどり着いたということで、「無駄な経験はないな」と
過去の自分を肯定できることにも感謝しています。

H.Oさん 48歳 (新聞社勤務) 男性
初診日:H22.12.9

b0221269_2052170.jpg
by yu-shinkyu | 2011-06-13 20:09 | 運動器疾患

涙が出る程の肩痛

漢方柚鍼灸院に通って8年目になります。

ひどい肩の痛みと頭痛に悩まされ、
病院で色々調べた結果、特に異常はないと言われ、
どうする事も出来ないまま、痛みと共に生活する日々でした。
涙が出る程痛いのに誰にも分かってもらえず、それもまた苦しかった。

そんな時、同じ会社の友人が漢方柚鍼灸院を紹介してくれました。
鍼治療をしてみたいと母に相談した時、最初は反対されました。
それでも私はこの肩の痛みを治す為に、
あらゆる方法を試してみたいと説得し、鍼治療を受ける事にしました。

どこに行っても分かってもらえなかった肩の痛みに、
小峰先生は手を当てるだけで分かってくれました。
鍼をして10分ぐらいジッとしていると、
体中の血液が流れていく感じがよく分かりました。
それと同時に涙が出る程の肩の痛みが和らいでいったのです。
とても不思議でした。

どんどん元気になっていく私を見て、
最初は反対していた母も一緒に通うようになりました。
西洋医学で見捨てられた私を救ってくれたのは、
東洋医学(漢方柚鍼灸院)でした。

これからも通いながら自然治癒力を高め、
病気にならない体作りをしていきたいと思います。


M.Sさん 36歳 (主婦) 女性
初診日:H16.1.24

b0221269_18443238.jpg
by yu-shinkyu | 2011-06-09 18:49 | 運動器疾患

不妊から気付いたこと

元々、不妊の悩みからこちらへたどりつきました。

けれど初診時の問診から、自分にある様々な体の不調に改めて気づき、
食生活や生活習慣を含めての治療を始めました。

少しずつ快適な生活になり、ヨガや積極的に歩くことを始めたこともあってか、
自然に妊娠していました。

現在、順調に妊娠5ヵ月目を迎え、花粉症や頭痛、腰痛と、
その都度お世話になっています。

今後、無事に出産できてからも、母子でお世話になるつもりです♪


T.Yさん 39歳 (パート主婦) 女性
初診日:H20.7.8

b0221269_1654392.jpg
by yu-shinkyu | 2011-06-09 18:35 | 婦人科疾患・不妊治療