<   2014年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

妊娠後期の多形紅班

翌月に予定日を迎える36歳の初産の妊婦さん。
一か月前からお腹に赤い湿疹が急に発症し、
皮膚科では原因不明と言われ、ステロイドをもらい塗布するも、
あれよあれよという間に湿疹が全身に広がってしまい、
夜も眠れない状態です。

熱の証を疑いましたが、身体をみると臨月というのに全身冷たく、
湿疹は黒ずんで色素沈着し、カサついています。
脈は力なく緩み、顔面も白っぽい状態で、
どうやら脾不統血の多形紅班のようです。
早急に正気を補わないと、出産の力もなくなってしまい、
帝王切開か促進剤を打たれる可能性も出てきます。

続けて四回ほど鍼と灸で治療し、同時に食事や生活指導も行った結果、
湿疹は半分以下になりました。
体があたたかくなって頬に赤みもさし、体重も増えてきました。

最後の治療の時に、少し早めに頭が下りてきたとのことでしたが、
母体の正気が足りないことを思うと、
それも体の方がバランスをとってのことでしょう。
脈や舌が改善されているので、安産に導けるはずです。

ご主人が古くからの患者さんで、これはまずいと奥さんを連れてこられましたが、
短期間でいい方向へ導けてよかったです。(院長記)


b0221269_13503337.gif


by yu-shinkyu | 2014-07-29 14:00 | 婦人科疾患・不妊治療

米子からの来院

一昨年、大阪在住の妹さんが、当院に不妊で来院し無事出産されたのを知り、
私も!と、米子に嫁いだ37歳のお姉さんが遠路はるばるやってきました。

遠いので一年ほどの間に10回程度しか治療できませんでしたが、
養生法などお伝えしましたら、真面目に実践され、
西洋医学との併用でしたが、今年無事に出産されました。

はじめて会ったご子息、奏太朗くんです^^
ご夫婦は音楽がお好きで楽器も演奏されるので、
"奏"という文字をお使いになられたようです。
奏太朗くんも大きくなったら、きっと音楽好きになるんだろうな~。
蝶ネクタイが小さな指揮者みたいでかわいいですね。(院長記)

b0221269_13224438.jpg



by yu-shinkyu | 2014-07-29 13:32 | 婦人科疾患・不妊治療

自分の心身と向き合う時間

数年前、不妊治療中だった私は、藁にもすがる気持ちで
初診予約の電話をかけました。


冷え症の上、子宮内膜にポリープができやすいという体質もあって、
それまで人工授精と最初の体外受精で一度ずつ着床はしたものの、
流産という結果に終わっていました。
年齢的にもこれで最後と決めた体外受精を前に、
少しでもいい結果に繋げたいとインターネットで検索して
こちらにたどり着いたのです。


いまの高度不妊治療はかなりの年齢まで頑張ることができます。
同い年の友人や、私より年上の方が妊娠した話などを聞くたびに、
「まだ頑張れる、まだ大丈夫」と自分に言い聞かせていました。
可能性があるのに治療を断念してしまったら後悔するのでは、
という想いが強く、「最後」と言いながらも
「今回がダメでも次はいけるかも」という希望を捨てきれませんでした。


でも、診療を始めてすぐ、小峰先生に「身体がボロボロになっている」
と言われ、思いがけず気持ちが楽になりました。
世間一般の事例など関係ない、自分の身体がボロボロなんだから止めどきだ、とやっと冷静になれたのです。その直後の体外受精失敗という結果も、
穏やかに受け止めることができました。


当時の私は、妊娠というゴールを目指して盲目的に走っていて、
自分の身体も心も客観的にみることができていなかった。
もっと自分の心と身体をきちんと見つめてあげればよかった、
と反省しています。


不妊治療は終了しましたが、いまも週に一回お世話になっています。
風邪もひきにくくなりましたし、
悩んでいた眩暈もほとんど起きなくなりました。
先生と会話し、自分の心身と向き合う治療時間を
これからも大事にしていきたいと思います。


M.Yさん 初診時年齢44歳(主婦)

初診日:H22.8.17

b0221269_11512550.gif



by yu-shinkyu | 2014-07-10 12:01 | 婦人科疾患・不妊治療