<   2017年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

不妊から出産までの鍼灸治療

四国で里帰り出産されていた方からのご報告です。

b0221269_10155306.jpg

        Mくん(H29.3.31生)


M.Kさん 年齢29歳 職業 会社員

初診日 平成28年7月2日 
記載日 平成29年5月12日

主訴(不妊、くしゃみ・鼻水、冷えのぼせ)
27歳で結婚、翌年2016年4月頃不妊専門病院を受診。排卵誘発剤等服用しながらタイミング中。

既往歴
顎変形症(6年前に手術済)、チョコレート嚢胞(経過観察)

来院のきっかけ
インターネットで検索して伺いました。ホームページに不妊に対しての記事があったことで、来院を決めました。

実際に鍼を受けてみてどうだったか
終わった後風呂に入った後のようなほっこり感があり、帰り道はリラックスしていました。とくに妊娠してからは、鍼を受けると胎動が活発になり、嬉しかったのを覚えています。

当院や鍼灸、東洋医学に対する印象など
治療の中でいろいろ教えていただき、歴史の長さと個々に対するアプローチの幅広さが興味深かったです。脈や舌をみるだけで身体の状態や不調を見抜くことに驚きました。

その他何でもどうぞ

出産はおしるし、陣痛と基本的な流れで始まり、子宮口が全開になってからは20分で産まれてきてくれました。妊娠中も出産時も体調が比較的落ち着いていた(脳貧血はありましたが)のは、初期から先生にみてもらっていたからだと思います。治療以外にもちょっとした質問を聞ける環境だったので、妊娠中の不安を取り除くことができました。本当にありがとうございました。また2人目の機会があれば、よろしくお願いします★

妊娠までの治療回数、期間など
不妊期間2年。鍼灸治療回数3回(1か月間)、タイミングにて妊娠。その後、産休に入り故郷に帰る間際まで全17回治療。妊娠中のケガなどのハプニングも鍼灸で乗り越え、2880gの男児を無事出産。

院長よりコメント
年齢がお若かったこと、上実下虚タイプで気滞がメインだったことから、わずかな回数で妊娠されました。安産で体調も良いようなので、2人目も比較的早く妊娠できることと思います。



by yu-shinkyu | 2017-05-22 10:32 | 婦人科疾患・不妊治療