柚便り yushinkyu.exblog.jp

慢性腰痛と中毒疹

私が初めて小峰先生のところを訪ねたのは、今から4年ほど前、51歳になったばかりの頃でした。

当時、10数年前からの腰痛に悩まされており、整形外科や整骨院に通ってみても、
一時的に痛みは収まるものの、また疲れると再発するということを繰り返していました。でも、この腰の痛みだけだったら、私は先生を訪ねることはなかったかもしれません。

40代の後半に一度「中毒疹」にかかり、顔全体が腫れ上がったことがありました。
それ以来、湿疹ができやすくなり、再発が怖くて塗り薬が手放せず、毎週アレルギーの注射に通い、数種類のビタミン剤の服用を続けていました。
塗り薬の一つはステロイドで、魔法のようによく効くのでついつい多用してしまい、
ある日医者から「あまり塗りすぎると皮膚が薄くなりますよ」と言われてしまいました。
 
今から思うとその一言で「こんなことを続けていてはダメだ」と気づかされたと思います。ちょうどその頃に、漢方柚鍼灸院に通っていた同僚から薦められ、思い切って先生にメールを送りました。

以来、ビタミン剤はすべて止め、漢方薬を1種類だけで、皮膚科にも一度もかかっていません。今では腰痛もだんだん軽くなり、湿疹もほとんど気にならなくなりました。

最近は、先生のお奨めでヨガ教室にも通うようになり、体重がみるみる軽くなるというオマケもついてきました。
なかなか、先生の言いつけが守れず、多食で運動不足な私ですが、末永くよろしくお願いします。

M.Hさん 55歳 (管理職) 女性
初診日:H19.4.21


慢性腰痛と中毒疹_b0221269_00315675.gif

by yu-shinkyu | 2011-06-28 16:10 | 皮膚疾患