柚便り yushinkyu.exblog.jp

子宮頸がんと鍼灸

38歳 女性 主婦兼ヨガ講師
初診日:令和1年10月31日
記載日:令和3年1月21日(治療回数 41回目 継続中)

初診の主訴
胃の不調と顔のこわばり(R1.10.31~R2.6.9 治療回数20回)
今回の主訴(R2.10.27~ 治療回数21回)
子宮頸がんの抗がん剤治療と放射線治療の副作用軽減

来院のきっかけ
2、3年前からストレスが重なり、はじめは右目あたりの違和感だったのですが、症状が進み右側の顔のこわばり(ひきつり)がおこるようになりました。そのうち肩こりも出てきて何とかならないか困っていました。

2019年の夏にヨガの研修でインドに行った後に胃腸の不調が2週間以上続き、鍼灸治療を試してみようと思い来院しました。もともと体が丈夫で入院したこともなく、病院に行くことや薬が苦手で、自然な療法が好みでした。

実際に鍼を受けてみてどうだったか
治療という感覚はあまりなく、とても心地よかったです。鍼を抜いてもらってからベッドで暫く休憩しているときに、久しぶりに全身の力が抜けてリラックスできました。顔のこわばりがあると、いつも緊張状態にあったようで、リラックスした状態を久しぶりに感じられて感動したのを覚えています。ヨガでいうと、「とてもいいシャバアーサナ」です。一部分だけでなくて、体全体に効いているという感じがしました。

当院(院長)や鍼灸、東洋医学に対する印象など
ホームページの雰囲気がとても良くて、来院を決めたのですが、来院してみての印象はそれ以上でした。入ると、とても清潔で温かい雰囲気がしました。先生は気さくで誠実なお人柄です。鍼灸のことを質問すると、鍼灸治療に対する情熱をいつも感じます。鍼灸や東洋医学は治療はシンプルですが、治療家(先生方)は多くの知識や技術や経験がなければできないと思います。

その他
2019年の10月に来院して胃腸の不調は数回の治療で治りました。その後も治療を受けると心身の調子が良くなるので通い続けていました。長年あった腰痛も良くなりました。その後半年ほど忙しくなり治療を受けていなかったのですが、2020年秋に不正出血が2か月ほど続き、産婦人科で検査を受けた結果、子宮頸がんがみつかりました。もともと病院が苦手で15年以上も検診を受けていなかったこともあり、分かった時にはステージⅡA期、腫瘍は5センチ以上になっていました。

谷町の大きな病院で放射線同時化学療法(放射線治療と抗がん剤治療を併用)を受けることにしました。病院も薬も苦手なので、自然療法を選びたかったのですが色々と調べた結果、大きくなり過ぎた腫瘍には西洋医学にお世話になるしかなさそうでした。。。抗がん剤は癌を抑制するけれど、同時に元気な細胞も傷つけてしまう。放射線治療も癌を壊してくれるけど、同時に身体に大きなダメージを与えてしまう。少しでもいい方法はないかと思った時に、浮かんできたのが柚鍼灸院の先生でした。いきなりの事で先生はとても驚かれたことと思いますが、私の大変な治療を快く引き受けて下さいました。

抗がん剤による副作用は、息苦しさや体力の低下でした。毎回の鍼の後は息が驚くほどしやすくなりました。抗がん剤治療と放射線治療の回数を重ねていくほどに身体へのダメージは大きくなってきました。治療の副作用によるひどい下痢もありましたが、これも鍼の治療により随分緩和されました。(その他、朝晩の軽い散歩、簡単な食事療法や以前からしているヨガ(体力が無いので簡単でストレッチのようなポーズ)をしたりなど免疫力があがることはできるだけするようにして過ごしました。)

もし先生の鍼治療が無かったら、どうなっていただろう?と思います。病院での治療を最後まで受けられたとしても心身はボロボロになっていたと思います。今私は最後の病院での治療を終えてから一か月半しか経っていませんが、1000まで下がった白血球の値は4000代にまで回復し、日常生活も以前とあまり変わらないくらいにまで戻っています。腫瘍マーカー値も2.9→1.1と基準値内になり、5cmあった腫瘍もほぼなくなりました。

放射線同時化学療法の副作用により卵巣機能はなくなり早期に更年期障害がおこることや、その他の生涯にわたっての副作用はありますが、私の体にあった食事、運動をしっかりして、過ごせば何とかなるだろうと思っています。ホルモン療法を受けることを病院の先生から提案されましたが、そのままの身体を受け入れて鍼灸治療に助けてもらいながら過ごすことに決めました。

40歳を目前に思いがけない大病をしましたが、とてもいい経験ができたと思っています。病気になったから気が付けたことがたくさんあるからです。初めの主訴の顔のこわばりは、癌治療が終わってから、かなり改善されてきました。滞っていたところが一気に改善されたような気がします。体の一部の不調は、体全体と関係があるのだなぁと自分の体を通して実感しました。

心の方も背負っていた不必要なものがとれた感じがしていて、心身ともに軽くなったように思います。(病気は自分がつくっていたのかもしれませんね)柚鍼灸院のゆりか先生との出会いに感謝。そして治療中に一番お世話になった母にも感謝です。

今は母がいつまでも健康でいなければならないと思ったようで、私と一緒に柚鍼灸院にお世話になっています。これからも母・娘とも末永くよろしくお願い致します。

子宮頸がんと鍼灸_b0221269_16360166.png

by yu-shinkyu | 2021-01-21 16:37 | がん